なぜ胃内視鏡検診を行うのか
 
 
 
 
 

内視鏡での胃がん検診は、
確かな効果があるかどうかを調べます

 日本ではがんで亡くなる方のうち、胃がんは、男性の第2位、女性の第3位をしめています。かつては胃がんが第1位でしたが、いまでは胃がんで亡くなる方は減少傾向にあります。それでも、いまだに毎年13万人もの方が胃がんにかかっていることから、決して軽視できるものではありません。

 胃がんで亡くなる方を減らすために、昭和30年代からX線(バリウム)による胃がん検診が始まり、全国に広まりました。これまで行われた国内外の研究で、X線検診を受けることによって、胃がんで死亡するリスクが確実に減少することがわかっています。一方で、最近はX線だけではなく、内視鏡(胃カメラ)による検診も行われるようになってきています。

 新潟市では、平成15年度から住民検診に内視鏡が取り入れられ、X線とどちらかを選べるようになりました。新潟市の研究をはじめ国内の研究で、内視鏡検診を受けることで、胃がんで死亡するリスクが減る可能性があることが証明されつつありますが、さらにしっかりと証拠をかためる必要があります。

 そこで、新潟市で住民検診として行っている内視鏡検診によって確かに胃がんの死亡率が下がるかどうか、科学的に証明する研究を行うことになりました。

平成24年度区別受診者数

現在までの研究成果

 現在までの研究成果【論文要旨】を公開しています。
 論文の全文は、PDFファイルをご覧ください。

チューリップ通信

 「チューリップ通信」は新潟市の胃内視鏡検診の研究にご協力いただいている方にお送りしているニュースレターです。年2~3回の発行を予定しています(不定期)。

研究検診への参加状況や健康関連イベント、健康に関する情報を提供します。

「こんな情報が知りたい」などご要望がありましたら、ご意見をお寄せください。

【この研究についてのお問い合わせは下記にお願いします】
連絡先:胃内視鏡検診研究事務局(新潟市医師会内)
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号 Tel:025-247-8900 Fax:025-247-8836
kenshin@esgcr.jp

研究の実施主体について

  • この研究は、厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)「内視鏡による新たな胃がん検診システム構築に必要な検診方法の開発とその有効性評価に関する研究」班(研究代表者 国立がん研究センター 濱島ちさと)と新潟市保健所、新潟市医師会との共同研究です。研究の事務局は新潟市医師会にあります。
  • この研究は、国立がん研究センターと新潟県立がんセンターの倫理審査委員会の承認を受けて実施しています。
  • この研究は、厚生労働科学研究費補助金を資金源として実施します。この他に、特定の団体からの資金提供などは受けておりませんので、研究組織全体に起こりうる利益相反はありません。