なぜ胃内視鏡検診を行うのか なぜ胃内視鏡検診を行うのか

なぜ胃内視鏡検診を行うのか

研究の流れ

研究検診の流れ

研究協力の流れ


研究開始年度(初年度)に、内視鏡検診と血液検査(ピロリ菌検査、ペプシノゲン検査)を受けていただきます。その後、1年おきに3回の内視鏡検診は各自に受けるようにしてください。内視鏡検診時と研究開始から7年目と10年目にはアンケート調査を行います。研究開始から10年かにわたり、追跡調査を行います。

検査内容

内視鏡検査

内視鏡検査とは、口または鼻から内視鏡(胃カメラ)を入れて、胃の中を直接観察する検査です。口からにするか鼻からにするかは、本人の希望をいれられますが、医療機関によっては選べないこともあります。この検査で胃がんの疑いが見られたら、細胞を採る検査を追加します(細胞を採る検査分は、保険診療となり、自己負担分の費用がかかります)。

ヘリコバクタ・ピロリ抗体検査(ピロリ菌検査)

内視鏡検査とは、口または鼻から内視鏡(胃カメラ)を入れて、胃の中を直接観察する検査です。口からにするか鼻からにするかは、本人の希望をいれられますが、医療機関によっては選べないこともあります。この検査で胃がんの疑いが見られたら、細胞を採る検査を追加します(細胞を採る検査分は、保険診療となり、自己負担分の費用がかかります)。

ペプシノゲン検査

ピロリ菌に長年感染していると、胃の粘膜に変化が見られます。胃の粘膜が萎縮や胃炎の有無を血液で調べます。

胃内視鏡検診研究事務局(新潟市医師会内)

〒950-0914 
新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号 TEL: 025-247-8900 FAX: 025-247-8836 
kenshin@esgcr.jp